ケアマネージャー(介護支援専門員)とは

ケアマネージャーという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。

しかし、具体的にどのような仕事をする人なのかはわからない方もいるのではないでしょうか。

そこで、まずケアマネージャーとは、どういった職種であるのかご紹介を致します。

ケアマネージャーは介護保険のスペシャリスト
ケアマネージャーは別名を「介護支援専門員」と言います。

ケアマネージャーとは、介護が必要な人が介護を受けられるように、ケアプランの作成などを行う職業です。

介護保険のスペシャリストであり、介護サービス事業者との調整をする役割も担っています。

ケアマネージャーの職場は?

ケアマネージャーの職場は、特別養護老人ホームや、高齢者の相談窓口として自治体から委託を受け運営されている地域包括支援センターなどです。

介護サービスを行っている居宅介護支援事業者や、介護用具レンタル事業を行っている民間企業に勤める場合もあります。

ケアマネージャーの働き方

居宅介護支援事業所のケアマネージャーは、自分で要介護者にアポイントを取り自分で好きなときに訪問できるので、自由度が高い職業だと言えます。

ただ、上限まで顧客を抱えているケアマネージャーもいる場合があるので、担当者を選ぶ際には注意も必要です。

電話の応対などに追われるほど忙しい場合もあるので、現在どの程度受け入れに余裕があるのかは確認しておくようにしましょう。

近くの居宅介護支援事業者を探す!
ケアマネージャーの基本的な役割・仕事内容
ケアマネージャーの仕事内容

ここからは、ケアマネージャーの仕事内容について具体的に解説していきます。

仕事のメインはケアプランの作成
ケアマネージャーの主な仕事は、ケアプランの作成です。

初めて関わる利用者にケアプランを作成したあとは、介護関係者、医療関係者、当事者とその家族で、介護サービスに関する会議を開きます。

会議ではケアプランの修正・変更を行い、また会議を開いてケアプランがこれでよいのか確認作業を繰り返します。

ケアプランが交付されたあとは、ケアプラン通りに介護サービスが進んでいるか確認を行うのもケアマネージャーの重要な仕事です。

利用者との橋渡し役も果たす

ケアプランの作成以外にも、利用者との面談をしたり、介護サービス事業者との連絡・調整をする業務も行います。また、利用者の代わりに、介護施設にクレームを入れる仕事もあります。

ケアマネージャーは高齢者からヒアリングを行うため、話の内容を把握するアセスメント能力が必要です。

勤務時間は、利用者とのアポイントが取りやすい日中であることが一般的です。

ケアマネジメント以外にも業務は幅広い
ケアマネージャーは、介護保険サービスを提供する以外にも、さまざまな業務があります。

利用者の収入が低く、生活に困っている場合には生活保護申請の補助、食事に困っている利用者には配食サービスの紹介といった仕事も行います。また、利用者と家族の仲を取り持つ役割をすることもあります。

高齢者の生活を改善するために、幅広い範囲の業務を行うのがケアマネージャーなのです。

ケアマネの仕事・役割は職場ごとに異なる
ケアマネージャーは、勤める職場によって仕事内容や役割が変わります。

職場のタイプによってどのような仕事内容になるのか解説します。

居宅ケアマネの仕事内容
居宅ケアマネとは、居宅介護支援事業所に勤めるケアマネのことです。

居宅ケアマネは、自宅で暮らしている介護が必要な高齢者に対して支援を行います。

居宅ケアマネは事業所を拠点としており、ケアプランを作成して高齢者を訪問し、ヒアリングや相談を行うことが仕事です。

ケアマネージャーで最も多いのがこの居宅ケアマネです。居宅ケアマネは、経験を積むと独立しやすい傾向があります。

施設ケアマネの仕事内容
施設ケアマネとは、老人ホームで働き、入居する高齢者にヒアリングを行ってケアプランを作成するなど、老人ホームの入居者を支援する仕事です。

仕事内容は居宅ケアマネと似ていますが、自分の勤務先で利用者が生活しているので、担当の利用者を間近で見ていられるのが利点です。

利用者や利用者への介護サービスについて常に情報収集ができ、施設のスタッフらと連携もしやすいと言えます。

施設ケアマネは、施設の入居者が少ない場合、ケアマネ以外の仕事も兼務することが多くなります。

地域包括支援センターのケアマネの仕事内容
地域包括支援センターで働くケアマネは、介護予防ケアマネジメントが主な役割です。

地域包括支援センターでは、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)の有資格者が多く働いています。

主任ケアマネージャーは、ケアマネージャーの資格を持つ人が指定の研修を受けることで認定される資格です。

主任ケアマネージャーはケアマネージャーを統括するリーダー的存在であり、ケアマネージャーよりも知識と経験が豊富であることが求められます。

地域包括支援センターとは
地域包括支援センターとは、地域住民のために必要な支援を行う機関です。

市町村、または市町村から痛くされた社会福祉法人、社会福祉協議会、医療法人などが地域包括支援センターとして機能しています。

地域包括支援センターで働いているのは、保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャー(主任介護専門員)です。

地域包括支援センターは、地域の高齢者問題の解決のため、介護の必要がない高齢者からも相談を受け付けています。

また、ケアマネージャーの支援も行っており、ケアマネージャーからの相談に対し、アドバイスやサポートをしています。

近くの居宅介護支援事業者を探す!
ケアマネージャーはどこで探せる?
ケアマネージャーの探し方

ケアマネジャーが必要になったとき、ケアマネジャーはどうやって探せばよいのでしょうか。

要支援者のケアマネージャーの探し方
要介護認定を受け 「要支援」と判定された人は、地域包括支援センターが担当します。

要支援者がケアマネジャーを探す場合、利用者が住んでいる市区町村の介護保険課もしくは地域包括支援センターに行きます。

すると、居宅介護支援事業所のリストや介護情報雑誌『ハートページ』がもらえます。『ハートページ』にも居宅介護支援者のリストが掲載されています。

居宅介護支援事業所のリストか『ハートページ』からケアマネジャーを探すのが方法の一つです。

要介護者のケアマネージャーの探し方
要介護者の場合は、要支援者のように地域包括支援センターなどを利用したり、居宅介護支援事業者に相談をしたり、と言った探し方が多いです。

特に、一人で施設を訪れるのが難しい場合などに、居宅介護支援事業者が利用されることが多いです。

自分でケアマネージャーを探すのが大変であれば、居宅介護支援事業者に連絡し、相談してみてください。

近くの居宅介護支援事業者を探す!
かかりつけ医からの紹介
かかりつけの病院がある場合は、主治医に相談することで、敏腕なケアマネジャーを紹介してもらえることもあります。

かかりつけ医からの紹介であるため、信頼性が高いだけでなく、医療と連携がしやすくなるといったメリットがあります。

介護は医療と連携することが重要ですが、ケアマネージャーは、医療との連携が苦手な人も多いのです。

かかりつけ医からの紹介であれば、医療との連携がしっかりできる優秀なケアマネージャーだと言えるでしょう。

その他のケアマネージャーの探し方
同じ地域に住んでいる人たちの口コミを参考にしたり、友人・知人に聞いてみたりするのもよいでしょう。

先に述べたように、ケアマネジャーになるためには、福祉や看護などの国家資格を持ち、5年以上の実務経験が必要であり、ケアマネジャーは福祉や看護に関して豊富な経験・知識を持っています。

ケアマネジャーを探す際には、どのような人を希望するのかあらかじめ考えておくことが重要です。

例えば、支援を受けるにあたって医療に重点を置きたい方は看護経験がある方を探し、家事支援に重点を置きたい方はヘルパー経験がある方を探すと、希望に合ったケアマネージャーが見つけやすくなります。

併設型と独立型の居宅看護支援事業所
居宅介護支援事業所には2つのタイプがあります。

訪問介護事業所やデイサービスと連携している事業所である「併設型」
訪問介護事業所やデイサービスからは独立している事業所である「独立型」
居宅介護支援事業所は、併設型が9割を占めています。

事業所に併設しているサービスによって、その事業所がどのような強みを持っており、どのようなのかケアマネジャーが多いのかが推測できます。

居宅型を希望する場合、併設しているサービスをしっかりチェックしましょう。

学研ココファンの施設の場合は、施設併設のケアマネージャーに相談が可能ですので、「併設型」にあたります。

近くの居宅介護支援事業者を探す!
【失敗しない】ケアマネージャーを選ぶポイント
ケアマネジャーが決まっても、実際にやり取りしていると「上手くコミュニケーションが取れない」「性格が合わない」などの問題が起きることもあります。

ケアマネジャー選びに失敗しないためには、どうすればよいでしょうか。

ケアマネージャーの人柄と能力を見よう
ケアマネジャーを選ぶにあたり最も重要なことは、そのケアマネジャーが信頼関係を築けそうな相手かどうかです。

ケアマネージャーから説明を受けているときや相談しているときに、話しながらケアマネジャーの人柄を判断しましょう。

また、ケアプランの作成を依頼すると最初の面談が行われますが、ここでケアマネジャーとしての能力を判断してみてください。

また、わからないことはすぐに質問するようにしましょう。なんでも優しく教えてくれるか、親身になってくれるかなど、質問の答え方でも人柄を見ることができます。

ケアマネージャーを選ぶ際のチェックポイント
ここでは、ケアマネジャーの能力や人柄を判断できるチェックポイントをご紹介します。

利用者に寄り添って親身に話を聴いてくれる
利用者はもちろん、その家族にも公平で親身になってくれる
専門的な知識をしっかり持っている
利用者や家族が納得のようなケアプランを立案できる
誰にでも理解しやすいように説明してくれる
介護サービス以外のことにも知識があり、説明・紹介をしてくれる
電話がつながりやすく、連絡が取りやすい
守秘義務をしっかり守ってくれる
追加の質問にも丁寧に答えてくれる
こちらを実際にチェックリストとしてご利用いただくことをおすすめします。

老人ホーム・介護施設を探す
老人ホーム・介護施設を探す
ケアマネージャーの年収・平均給与
ケアマネージャーの給与体系は、月給、日給、時給の三種類です。

公益財団法人介護労働安定センターが平成28年に行った「介護労働の現状について」という調査によると、ケアマネージャーの月給、日給、時給それぞれの1カ月の給与と労働時間の全国平均は以下のようになっています。

1カ月の給与 労働時間
月給 265,077円 158.8時間
日給 148,710円 117.6時間
時給 126,530円 96.1時間
介護業界は労働時間が多い傾向があり、同調査での介護職労働者全体の平均労働時間は162.8時間です。

ケアマネージャーは、それと比較すると労働時間が短い方だと言えます。

給与については、他の介護職のほとんどが25万円以下であるのに対し、ケアマネージャーは265,077円と高くなっています。

また、雇用形態については正社員が多いですが、派遣や時給パートもあります。

ケアマネージャーのやりがい・仕事の魅力
ケアマネージャーの仕事には、どのようなやりがいや魅力があるのでしょうか。

利用者や家族の幸せに貢献できる
ケアマネジャーは、介護保険制度に基づく介護サービスを利用者に紹介する仕事です。

自分が紹介した介護サービスにより利用者や家族によい変化があったときには、大きなやりがいを感じることができます。

例えば、自分の作成したケアプランを実行することで利用者の要介護度が低くなったり、元気になったりすることもあります。

利用者を普段から身近で見ているからこそ、利用者のそのような変化に気付きやすく、自分の仕事の意義を感じやすいのです。

困難なケースを任されることもあるため、メンタル面での疲労が激しくなってしまうこともありますが、問題が解決したときの喜びは格別です。

働きやすく継続しやすい
ケアマネジャーは、介護業界の仕事の中では働きやすい仕事だと言えます。

ケアマネージャーは、自分で利用者にアポイントを取って訪問し、空いている時間に事務作業などをします。

仕事の流れや時間配分を自分で決めることが可能な点は、他の職種よりも自由な働き方だと言えるでしょう。

また、日中の仕事が中心で、業務は事務作業が中心であるため、体力を使う仕事はほぼなく、長く働ける仕事だと言えます。

ケアマネジャーの平均年齢は一般的な職業より少し高めですが、これは年を重ねても働ける職業だからでしょう。

年齢が仕事に生きやすい
ケアマネジャーの仕事であるケアプランを作るには、介護に関する知識はもちろん必要ですが、ケアマネジャー自身の人間性も重要です。

利用者に寄り添い、利用者のためになるようケアプランを作らなければなりませんが、それには人生経験や視野の広さが活かせます。

そのため、ケアマネジャーは年齢が高く人生経験が豊富な方ほど有利になりやすい職業だとも言えます。

介護業界では体力がある若い人が求められることが多い中、ケアマネジャーのように年齢がプラスに働くのは珍しいことです。

老人ホーム・介護施設を探す
老人ホーム・介護施設を探す
ケアマネージャーになるには
非常にやりがいがあるケアマネジャーですが、ケアマネジャーになって働くにはどうすればよいのでしょうか。

介護支援専門員の資格が必須
介護支援専門員(ケアマネジャー)になるには、介護支援専門員実務研修受講試験を受験し、合格する必要があります。

介護支援専門員実務研修受講試験を受けるためには、以下の実務経験が必要です。

介護福祉士、社会福祉士、看護師などの保険、医療、福祉の国家資格の業務
生活相談員、支援相談員など相談援助業務
これらの業務に通算5年間、かつ900日以上従事しなければなりません。

介護支援専門員実務研修受講試験合格後は、介護支援専門員実務研修を受講します。

その後、都道府県に登録し、受理されると介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格が取得できます。なお、介護支援専門員は5年ごとに更新の手続きが必要です。

主任介護支援専門員という資格もある
主任介護支援専門員とは、2006年に誕生した新たな資格です。

介護支援専門員として5年以上専任での実務経験があるなどの条件を満たした人が「主任介護支援専門員研修」を受けることで取得できます。

地域包括支援センターでは主任介護支援専門員の設置が義務付けられているため、主任介護支援専門員は需要が高い資格です。

介護支援専門員実務研修受講試験は難しい?
介護支援専門員(ケアマネジャー)になるための試験である介護支援専門員実務研修受講試験は、介護福祉系の試験の中で最難関試験の一つです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)は国家資格ではありませんが、都道府県管轄の公的資格であり、難易度は高いと言えます。

試験は年に1回実施されており、2020年の試験では、合格率は7.7% と低くなりました。

介護支援専門員実務研修受講試験は、年々難易度が難化している傾向にあります。

ケアマネージャーとの上手い付き合い方
ケアマネージャーと上手く付き合うには、利用者側がケアマネージャーに寄り添うことも重要です。

ケアマネージャーはもちろん利用者に寄り添ってくれます。それに対して利用者がしっかり応えることによって関係性が生まれます。

例えば、自分の意見をしっかりケアマネージャーに伝えることは非常に重要です。

「こうしてほしい」という希望があっても 「言わなくても伝わっているだろう」と何も言わないままでは伝わりません。 希望は具体的に伝えるようにしましょう。

ケアマネージャーは守秘義務がありますので、何を話したとしても話した内容が他の人に知られることはありません。

生い立ちや性格など自分のことをいろいろ話すと、より自分のことをわかってもらえるでしょう。そのことで、よりよいサービスが利用できるようになるはずです。

また、家族が遠方に住んでいる場合、家族もケアマネージャーとこまめに連絡を取り合うことも大切です。

ケアマネージャーと相性が合わなかったら
ここまでケアマネージャーとの付き合い方について解説しました。しかし、しっかり選んでもケアマネージャーと相性が合わないことがあります。

連絡が遅かったり、サービスの質が悪かったりなど、さまざまな場面でケアマネージャーに対する不満を感じてしまうことがあります。場合によってはトラブルになってしまうことも考えられるでしょう。

もしケアマネージャーと相性が合わないと感じたら、どう対応すればよいのでしょうか。

しっかり話し合うことが大切
居宅介護事業所にケアマネージャーが何人もいれば、担当のケアマネージャーが合わないと感じたら変更することができます。 また、居宅介護事業所を変えることも可能です。

ケアマネージャーを変えたいと思ったら、遠慮することなく居宅介護事業所にケアマネージャーを変えたいことを伝えることが大切です。

その際には「何となく嫌だから変えてほしい」といったような曖昧な伝え方ではなく、ケアマネジャーのどこがどのように合わないのか具体的に伝えましょう。

老人ホーム・介護施設を探す
老人ホーム・介護施設を探す
【FAQ】ケアマネージャーに関するよくある質問
このトピックでは、ケアマネジャーに関してよくある質問にお答えします。

ケアマネージャーの正式名称って何?
A.正式名称は介護支援専門員です。

介護支援専門員は「ケアマネ」「ケアマネージャー」「ケアマネジャー」とも呼ばれます。

正式名称は「マネ」の次に長音符を入れず「マネジャー」とする「ケアマネジャー」ですが、「マネ」の次に長音符を入れ「マネージャー」とする 「ケアマネージャー」という呼び方の方が広く普及しています。

介護支援専門員の資格は学歴が影響する?
A.全く関係ありません。

介護支援専門員の受験資格には学歴は全く関係ありません。

ただし、介護支援専門員実務研修受講試験を受けるために必要な国家資格の中には、学歴が必要なものもあります。

例えば、社会福祉士は専門学校、短大、3年制・4年制の大学を卒業していることが必要です。

しかし、介護支援専門員実務研修受講試験を受験する際に学歴がある方が有利になるといったことはありません。

ケアマネージャーになるには年齢が関係する?
A.年齢は全く関係ありません。

ただ、介護支援専門員実務研修受講試験を受けるためには国家資格の取得や、その資格での実務経験が必要です。

そのため、未成年は事実上ケアマネージャーを取得できません。

年齢の上限はないため、年齢を重ねていてもケアマネージャーになることはできます。

また、ケアマネージャーは経験が重視される仕事ですので、他業種よりは年齢が不利になることは少ないと考えられます。

ケアマネージャーは国家資格?
A.国家資格ではありません。

介護支援専門員実務研修受講試験を実施しているのは国ではなく各都道府県であり、ケアマネージャーは公的資格です。

ただし、現在「ケアマネジメントの質の向上」「ケアマネージャーは国家資格にふさわしい職業」といった理由で、ケアマネージャーを国家資格化しようという動きがあります。

そのため、将来ケアマネージャーが国家資格になる可能性はあるでしょう。

受験のための条件が変更されたの本当?
A.2018年に変更されました。

2015年に実務経験の内容に変更があり、2017年試験まで経過措置が取られ、2018年試験からは変更された条件での試験が開始されました。

2017年までは、

介護の資格を持ち介護等業務に5年従事
資格の有無は問わず、介護等業務を10年従事
これら2つの要件も受験資格に含まれていましたが、2018年からは、介護等業務が実務経験として認められなくなりました。

また、相談援助業務も、2018年以降は以下の4つの職種に限定されるという変更点がありました。

生活相談員
支援相談員
相談支援専門員
主任相談支援員
ケアマネージャーの試験で科目免除になることある?
A.ありません。

2014年までは、以下の資格がある人には一部の科目が免除されていましたが、今はありません。

医師、歯科医師
薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧士、はり士、きゅう士、栄養士、技肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師
社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士
ケアマネージャーの将来性はある?
A.マネジメントの質が向上するように取り組んでいるため、ケアマネージャーの仕事がなくなることはないでしょう。

厚生労働省でケアマネージャーについて議論されたことがきっかけで、ケアマネージャーは不要だという意見が盛り上がってきました。

現在は、ケアマネージャーを廃止するのではなく、方向性を変えるという考え方がメインとなっており、試験制度の見直しなどが行われています