合格のためにどこから学習を始めるの?学習のポイントは?

どの資格試験も70点以上とると合格できます。

資格試験は、60点でも合格できるのですが、70点をとることで確実に合格できます。
では、70点は「高いレベル」なのか、「そうでもないレベル」なのか、どのように思われますか?

学習の方法を間違わなければ、70点は「そうでもないレベル」でだと思います。


それでは、講師 上野和夫が学習方法を具体的にまとめます。

↑ 履歴を知りたい方はこちらをクリック ↑

過去5年の問題に触れると7割の得点を確保することが出来ます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0006.jpg

試験に出る項目は毎年の試験を見ているとわかります。
学習の始まりは資格を持つ者が必ず理解しておくべき項目の暗記です。
次に重要項目を理解しているか、どのような問題で問いかけてくるかを知っていないといけません。

教材は、「合格のための 重要項目らくらく暗記BOOK」として出版しています。
ーホームページの無料教材「講義」をご利用ください。

そこで大切なのは「過去問題の正解文」を丸暗記していきます。
この学習が完璧であれば合格できる実力が身につきます。

教材は、「合格のための 重要事項短文集暗記BOOK」として出版しています。

読む時間がない方にはオーディオブックを準備しています。
移動中などでも重要項目を覚えることが出来ます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0006.jpg

文章での学習が基本ですが、実際に問題を解いてみることが必要です。
実際は4択問題などが中心ですが、その問題を解く前に「〇・✖問題」に触れてみて、文章のどの部分が間違っているのか、すぐに気付くようになることが大切です。

これを繰り返して常に7割以上の点数が取れるようになってください。合格への近道になります。

教材は、「正誤問題(〇・✖)問題集」として販売しています。
ーホームページの無料教材「問題集」をご利用ください。(販売品の半分の問題集を利用できます)


ステップ1とステップ2を終了いただけたら、資格試験に合格できる実力がついています。

あとは、本屋で販売されている問題集にトライしてください。

試験慣れのために、毎日少しずつでいいので過去問題に触れてください。
70点はらくらくクリアーできることにお気づきになると思います。


教材の販売サイト

BASE

STORES